Amazonアカウントを利用制限しています

これまで沢山のフィッシング詐欺のメールをご紹介してきました。楽天、Amazon、ヤマト運輸などを騙った詐欺メール。日々、色々な物をだしてきますよね。

この様な良く出来た詐欺メールがある日突然届いて、これは詐欺メールなのだろうか?と、不安に思う人がこちらをご覧頂き、詐欺メールだったんだと安心して頂く為に、新しい詐欺メールが届くたびに、ご紹介しています。今回は、件名が「Amazonアカウントを利用制限しています」です。このメールは詐欺です!URLをクリックしたり、アクセスしない様にしてください!

 

 

 

目次

 

  1. Amazonを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)例の紹介

  2. Amazonを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)にアクセスするとどうなるのか?

  3. Amazonを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)を見破るには?

  4. まとめ

 

 

1.Amazonを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)例の紹介

 

●Amazonアカウントを利用制限しています

「Amazonに登録いただいたお客様に、Amazonアカウントの情報更新をお届けします。

残念ながら、Amazon のアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。」とありますが、自分でAmazonのHPを検索してアクセスし、確認しましたが、その様な事実はありませんでした。

この様な偽の情報で脅して慌てさせ、更に「アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため АmaFlyzon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。」と、言って決められた場所をクリックさせようとしています。

 

送られてきたメールのスクショをご覧ください。この下のオレンジの部分を絶対にクリックしない事!

 

 

 

・写真内の実際に送られてきた内容 ⇓ ⇓

 

Amazonのお客様

Amazonに登録いただいたお客様に、Amazon アカウントの情報更新をお届けします。

残念ながら、Amazon のアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Amazonアカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください

Amazonログイン

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

  • お知らせ:
    パスワードは誰にも教えないでください。
    個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
    オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Amazon.co.jp

 

 

2、Amazonを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)にアクセスするとどうなるのか?

 

迷惑メール(フィッシング詐欺)ですので、先ほども少し書きましたが、インターネットの使用者からユーザから個人情報(例:ユーザ名、パスワード、クレジットカード情報、住所、氏名、電話番号)を奪うために行われる詐欺行為です。Amazonなど信頼されている企業になりすましたEメールによって偽のWebサーバに誘導することによって行われています。

実際、今回のアカウントの管理に移動の場所をクリックすると、別の詐欺サイトに誘導され、ウイルス感染などの恐れがある状況になっていました。また、アカウントにアクセスしたつもりが、単に情報を吸い取られているだけかもしれません

 

3、Amazonを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)を見破るには?

 

●自分で検索したHPアドレスにアクセスしてマイページを確認する

今回は、「Amazonアカウントを利用制限しています」から始まって、残念ながら、Amazon のアカウントを更新できませんでした。今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。などと、異常が起きているかのように装って、URLにアクセスさせようとしています。

これは典型的なフィッシング詐欺の手口ですので、絶対にアクセスしてはダメです。先ずは、自分でHPアドレスを検索してアクセスすること。それだけで偽情報かどうかがハッキリわかります。

 

●転送動作をしてみる

送られてきたメールを転送動作をしてみると、下記のように、Amazonとは関係のないアドレスが出てきます。この転送する動作はどんなメールでも行えて、簡単に偽物を見破れるので必ず行って下さい

 

From: Amazon.co.jp [mailto:account-update@amazon.co.jp]
Sent: Tuesday, August 11, 2020 9:43 AM
To: info@kyoshimika.com
Subject: Amazonアカウントを利用制限しています

АmWonderful DayazNice Dayon.co.jp

 

●または、先日更新した【ゆうちょ銀行】 <informatnton@jp-bank.japanpost.jp><口座設定時に、ご本人様確認のため></informatnton@jp-bank.japanpost.jp>を見分ける為にはどうすれば良いのか?に書かれている方法を、ご覧いただければ、会社名が変わっているだけで、見分けるコツは同じです!

【ゆうちょ銀行】 ゆうちょ銀行を騙るフィッシング詐欺メール

 

どんな企業名でも、内容でも、見破るコツは本当に同じなので、このパターンを覚えておいていただけると、きっと騙される事はないと思います。

 

 

4、まとめ

 

相手の目的はURLをクリックさせて情報を抜きとる事です。相手の思うつぼにならない様に、先ずは落ちついて対応してください。転送する動作を行う。自分でHPを検索してマイアカウントなどから情報の確認を行う。

この様な動作を行う事で直ぐに偽物は見え破れると思いますので、まずはやってみてくださいね。

 

 

防犯相談したい。防犯診断、防犯設計、商品の防犯プロデュース、鍵を交換したり、カメラを設置したいなど、何でもご相談くださいね。京師美佳へのご相談はこちら⇓⇓

 

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です