泥棒の稼ぎ時の長期お休み前にやっておきたい防犯対策!

以前の日記、「泥棒の稼ぎ時はいつなの?」に書きましたが、

泥棒の稼ぎ時っていつなの?

 

泥棒は、長期お休みに増えます!

なぜなら、沢山の方が帰省や旅行に出掛けるからです。

そんな長期お休み前に必要な防犯対策をお伝えします

 

   

 

 

目次

 

  1. 長期お休みは泥棒被害は増える?

  2. 長期お休み前に必要な防犯対策は?

  3. まとめ

 

1、長期お休みは泥棒被害は増える?

泥棒は、捕まるのが嫌ですので、捕まらない為にはどうしたら良いか?というのを犯行前にじっくり考え下見などを行います。そのリスクを軽減してくれるのが、長期休暇中です!

皆さん、帰省したり、旅行に行ったりしていて留守である確率が高く、帰宅するリスクも少ないからです。 マンションでしたら、ベランダから一目瞭然!明かりで在宅不在の確認できますので、長期お休み中に良くある光景として、マンション全体が真っ暗!の様な事もありますよね。

一つのマンションで、一度に横並びで5軒が泥棒被害に遭った事もありました。 それだけ泥棒にとっては長期お休み中は、稼ぎ時なのです。  

 

2、長期お休み前に必要な防犯対策は?

  一番大切なのは、留守だと悟られないことです! 在宅に見える様に対策をすることなどを行うと、対策としては有効になります。

例えば

 

【長期お休み中に必要な防犯対策】

●防犯用タイマーを使用して留守で照明が点灯する様にセットする

ホームセンターやネットで購入出来るタイマーを使用して留守でも夜の8時に照明が付くようになどセットを行い在宅を装います。ランダムに日々違う時間に点灯させることも可能。

 

●留守の間だけ配達物をストップしてもらう様に依頼する

新聞や牛乳などの配達物を長期旅行中にストップしていないと留守だとアピールするようなものです。期間中はストップしてもらって下さい。帰ってきて連絡を入れれば、再配達は可能です。

 

●留守番電話のメッセージは「只今来客中・・・」などにする

「只今留守にしております。要件のある方はメッセージをお願いします」では、留守だと知らせることになります。「只今来客中です。要件のある方はお名前などをお願いします。後ほど掛けなおします」などでしたら、在宅だけど出ることが出来ないと思わせることが可能です。  

 

●自宅のカレンダーなどに家族の予定をかきこまない

カレンダーに家族全員の予定などを書きこんでいると、それを目にする事ができた人間には留守の時間を知らせることになります。それぞれで管理するか、ネットのスケジュール帳で共有してください!  

 

●SNSで旅行の予定などをアップしない

ブログやツイッター、インスタなどで旅行の予定などをUPして楽しみだ~などと更新していると、その期間留守だと知らせることになりますので、必ず事後報告で帰ってきてからUPする様にしてください。

 

   

 

●開口部の強化を行う

開口部(玄関・窓)の強化は必要です。余裕があればガラスを防犯ガラスにしたり、鍵を電子錠に交換したりしてほしいですが、安くもないので難しいと思います。そんな時は、ホームセンターや100円ショップで販売している補助錠を沢山つけてください。 更に、簡単な割られたら鳴るガラスアラームや開けられたら鳴る開閉アラームなども1000円程からありますので、その様な防犯グッズを沢山設置するようにしてください。  

 

●暗くなりがちな庭などにセンサーライトを設置する 泥棒などが犯行を行いやすいのは暗い場所です。長期お休み中で皆が旅行などでいないただでさえ発見されにくい(目撃されにくい)状況で、庭が暗いなどとなると、それこそ泥棒の良い隠れ場所になります。 駐車場や庭など、泥棒の侵入口になるような場所は、居心地が悪くなる様に人が通ったら点灯するセンサーライトを設置すると良いでしょう

 

 

 

●警備会社のシステム契約する

警備会社のシステムを契約しているからと言って、犯人を逮捕してもらえるわけではありませんが、大半の犯罪者は警備システムが入っている家を嫌いますし、侵入された場合にアラームなどがなって、後程警備員も駆けつけてくれたりしますので、それまでに犯罪者が逃げて被害を最小限に抑える事が可能です。 無いよりはあった方が良いので、余裕があれば契約すると留守中の監視を行ってもらえます。特に、長期お休み中で旅行に出る際などには役に立ちます  

●ご近所に留守の間に見張りをお願いする

日頃からご近所付き合いを行い、長期お休みで旅行に行く際には、ご近所の人に留守をお願いしておきます。万が一の際にはお電話頂けるようになどしておけば安心です。  

●玄関や門扉にセキュリティ稼働中などのシールを貼っておく

いかにも偽物の安いシールでも、それを貼っているだけで防犯意識のある家主だとアピールする事が可能です。威嚇効果は発揮しますので、防犯対策として是非お試しを。   などなど、以上です  

 

3、まとめ

家族や恋人などと一緒に旅行にいけるのは長期お休み中くらいという方は多いはず。決まった様にみんなが留守にする長期お休み中は泥棒の稼ぎ時なのです。せっかく楽しく旅行をして帰ってきて家の中が無茶苦茶になっているなどとガッカリしないように、出掛ける前にしっかりと出来る防犯対策を行っておいて下さいね。  

 

防犯相談したい。防犯診断、防犯設計、商品の防犯プロデュース、鍵を交換したり、カメラを設置したいなど、何でもご相談くださいね。京師美佳へのご相談はこちら⇓⇓  

 

お問い合わせ

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です