ETC利用照会サービス

ETC利用照会サービスの詐欺メールについてご紹介します!これまで様々なフィッシング詐欺のメールをご紹介してきました。エポスカード、楽天、Amazon、ヤマト運輸などを騙った詐欺メール。

このETC利用照会サービスのメールもそうですが、近年の詐欺メールは内容が良く出来ていて、これは詐欺メールなのだろうか?と、不安に思う人も多いと思います。そんな方がこちらをご覧頂き、詐欺メールだったんだと安心して頂く為に、新しい詐欺メールが届くたびに、ご紹介しています。今回は、件名が「ETC利用照会サービス」です。このメールは詐欺です!URLをクリックしたり、アクセスしない様にしてください!

この様なフィッシング詐欺で仕掛けられたものも中には不正出金やカードの不正利用などに繋がりますのでご注意ください!

 

 

 

 

目次

 

  1. ETC利用照会サービスを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)例の紹介

  2. ETC利用照会サービスを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)にアクセスするとどうなるのか?

  3. ETC利用照会サービスを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)を見破るには?

  4. まとめ

 

1.ETC利用照会サービスを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)例の紹介

 

ETCサービスをご利用いただきありがとうございます

ETCサービスは無効になりました。
引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。」との文面から始まり、

このあと、「引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。」と、書かれているURLをクリックさせる様に誘導の文面を繋げています!

勿論、事実を確認する事は大事ですので、まずは検索して、自分でお使いのETCカードのホームぺージにアクセスしマイページから内容をご確認ください。またこの様なフィッシングメールが出されている時には注意喚起がホームページ上に書かれていたりします。最新情報などで行われていますので、その様な場所で確認を行って下さい。そうすれば、このアンケートが本物か?わかります。

送られてきたメールのスクショをご覧ください。この下の青色の「変更はこちら⇓」のURL部分を絶対にクリックしない事!

 

 

・写真内の実際られてきた内容 ⇓ ⇓

 

ETCサービスをご利用いただきありがとうございます

ETCサービスは無効になりました。
引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。

ご変更はこちらから

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、
何とぞご理解賜りたくお願い申しあげます。

■ 注意事項
━━━━━━━
※なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします
※本メールは、重要なお知らせとしてメールの配信を希望されていないお客さまにもお送りさせていただいております。何卒ご了承ください。
※このメールに心当たりのないかたは、恐れ入りますがETCウェブサイトよりお問い合わせください。
━━━━━━━
■発行者
━━━━━━━
ETC利用照会サービス事務局
East Nippon Expressway Company Limited,
Metropolitan Expressway Company Limited


2、ETC利用照会サービスを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)にアクセスするとどうなるのか?

 

ウイルスメールや迷惑メール(フィッシング詐欺)ですので、先ほども少し書きましたが、インターネットの使用者からユーザから個人情報(例:ユーザ名、パスワード、クレジットカード情報、住所、氏名、電話番号)を奪うために行われる詐欺行為です。最近多い、金融機関やクレジットカード会社、宅配業者など信頼されている企業になりすましたEメールによって偽のWebサーバに誘導することによって行われています。

実際、今回の変更を促されて移動の場所をクリックすると、別の詐欺サイトに誘導され、ウイルス感染などの恐れがある状況になっていました。また、アカウントにアクセスしたつもりが、単に情報を吸い取られているだけかもしれません

 

3、ETC利用照会サービスを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)を見破るには?

 

●自分で検索したHPアドレスにアクセスしてマイページを確認する

今回は、「ETCサービスをご利用いただきありがとうございますETCサービスは無効になりました。」から始まって、「引き続きサービスをご利用いただきたい場合は、下記リンクより詳細をご確認ください。」などと誘導しようとします。その移動しないといけない理由として

■ 注意事項
━━━━━━━
※なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします
※本メールは、重要なお知らせとしてメールの配信を希望されていないお客さまにもお送りさせていただいております。何卒ご了承ください。
※このメールに心当たりのないかたは、恐れ入りますがETCウェブサイトよりお問い合わせください。
━━━━━━━

 

この様に24時間以内に行動を起こさないとロックすると脅迫めいたことを書き、クリックをさせるように誘導しているのです。このように脅し煽るのはフィッシング詐欺の手口です。絶対にアクセスしないでください。先ずは、自分でHPアドレスを検索してアクセスすること。それだけで偽メールの確認はとれます。

 

●転送動作をしてみる

送られてきたメールを転送動作をしてみると、下記のように、Yahoo!カードとは関係のないアドレスが出てきます。この転送する動作はどんなメールでも行えて、簡単に偽物を見破れるので必ず行って下さい

From: etc-meisai <noreply@5kubg56.cn>
Sent: Friday, September 3, 2021 8:02 AM
To: info@kyoshimika.com
Subject: ETC利用照会サービス

 

 

●または、先日更新した【ゆうちょ銀行】 <informatnton@jp-bank.japanpost.jp><口座設定時に、ご本人様確認のため></informatnton@jp-bank.japanpost.jp>を見分ける為にはどうすれば良いのか?に書かれている方法を、ご覧いただければ、会社名が変わっているだけで、見分けるコツは同じです!

【ゆうちょ銀行】 ゆうちょ銀行を騙るフィッシング詐欺メール

 

この転送動作を試すというのは、どんな企業名でも内容でも見破るコツとして使えます。是非、怪しいと思うメールはこの転送前動作で見破ってくださいね

 

4、まとめ

 

今回のETC利用照会サービスの偽メール(フィッシング詐欺メール)はうちには初めてきました。こうして新しく会社をなりすまし続け送られてくると思います。他にも三井住友銀行やエポスカードやアマゾン、ヤマト運輸などもありますが、最近はカード会社を騙る物が増えていると思います。!

内容が本当に良く出来ていてアマゾンのロゴなど本物そのものだったりします!一見すると見分けの付かず、見慣れない方は特に騙されやすいと思います。今回の内容も見慣れない内容だったので、最初はわかりませんでした。見分けるコツはいくつかありますが、是非、自分が出来ることをまずやってください!

とにかく絶対にやってはいけないことは、指定されたURLなどをクリックすることです!

 

防犯相談したい。防犯診断、防犯設計、商品の防犯プロデュース、鍵を交換したり、カメラを設置したいなど、何でもご相談くださいね。京師美佳へのご相談はこちら⇓⇓

 

お問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です