ロマンス詐欺の手口!コロナ過で急増する恋愛詐欺

コロナ禍で人と人との関係というのは希薄になり、自粛生活が続く中、出会い系サイトやアプリの登録者数も増えています。それは寂しさからというのが一番の理由でしょう。しかし、それだけではなく、コロナがもたらした“経済的な不安”が「結婚して生活を安定させたい」という気持ちを増したのだと思われます。今回は、そんな人の弱い部分に付け込むロマンス詐欺(恋愛詐欺師)についてお話しします

 

 

 

目次

1,ロマンス詐欺(恋愛詐欺師)とは?

2,ロマンス詐欺(恋愛詐欺師)の手口とは?

3.ロマンス詐欺に騙されない様にするには?見分け方は?

4,まとめ

 

1,ロマンス詐欺(恋愛詐欺師)とは?

コロナ過で一人でいることに疲れて婚活アプリや恋愛アプリなどに救いを求めてアクセスする人は少なくありません。それ自体は決して悪い事ではありませんし、幸せな結婚をされた方も多数いらっしゃいまし。しかし、いい人ばかりではないということです。

この様はアプリなどに悪意ある人間も登録して、甘い言葉で騙し相手に信頼させてお金を振り込ませたりする詐欺師です。中には会ったことも無いのに、1千万以上のお金を振り込んだ被害者もいます。

多くは海外の軍人や医師、経営者などを装ってアクセスしてくるのでその肩書などでも女性が釣られたり信頼してしまったりというのはあるかもしれません。

2,ロマンス詐欺(恋愛詐欺師)の手口とは?

昭和の時代にも出会い系サイトというのがありましたが、明らかに不純な出会いを求める輩などもいて、そちらかというと不純なイメージがありました。今のは結婚相談所が陰影しているアプリだったり著名な企業が運営している交流サイトであったり、それ自体に悪いイメージを持つ人は少ないと思います。

だからこそ、ここで理想の相手を見つけよう!と真剣に女性も登録するわけです!年収1千万以上だとか、有名企業に勤めているとか、有資格者だとか、安定した結婚生活ができると想像できるプロフィールを書いてきます。

写真も、どこかのモデル事務所からの盗用?かと思うようなイケメンや美人な女性の写真を持ってくる。中には一般人のSNSから自然な写真を盗みプロフィールに使用している場合もあります。

そして会話を始めると、「綺麗だね」「早く会いたい」「デートしたいよ」などという歯の浮くようなセリフを並べ、相手を気持ちよくします。私も騙されたふりをしてロマンス詐欺と途中まで会話しましたが、絶対に日本人は言わないだろうなというような甘いセリフを繰り返します。

 

 

とても気の長いアクションをしてくる詐欺もして、何人も掛け持ち数カ月から半年やり取りをしてやっとお金の話をしてくる場合もあります。それだけやり取りしていれば、信用してしまいますよね。

そして半年後に満を持すかのように、「日本に行くためにお金が必要」とか「多額の貯金が凍結されて保証金を払わないと口座が凍結されたままになる」などといってその掛かるお金を貸してくれなどと言ってきます。勿論そのあと、一緒になることを前提で話をしてくる。

早く逢いたい被害者はまんまとお金を騙し取られてそのあと音信不通などになります。また、もう一つの手口としましては、やり取りをしている間に仲良くなってきたら、相手の個人情報を聞き出します。家族構成、どこで仕事しているのか、よく行く場所はどこか、付き合いのある一番の人間は誰かなどなど。個人情報をとにかく吸い上げます。自分の事をもっと知って欲しい、自分の事が好きだから何でも知りたいんだろうと都合の良い解釈をして危機感を失ってしまうのです。

そして極めつけは画像を送付させるという行為。しかも、裸体のです。「寂しいんだ。〇〇ちゃんの裸が見たいな」「写メで送ってよ」などと写真を送らせるのです。

女性側は、今までの事ですっかり信頼しているので、その男性に嫌われたくないという強い恐怖心を抱いてしまい、断ることができなくなってしまうのです。後のリベンジポルノにもつながる状況なのですが、その男性のことしか見えなくなっているのでわいせつな画像を送ってしまうわけです。

そこからは脅迫の日々

裸の写真をもとに、「晒すぞ!」と脅され金銭の要求などの脅迫に使われるのです。毎日そういわれて心配になり100万円支払った事例もあります。

 

 

3.ロマンス詐欺に騙されない様にするには?見分け方は?

 

●ロマンス詐欺が出会いとして狙うのは婚活サイト

登録する時には、悪人もいると思ってできるだけ信頼できる婚活サイトやアプリを使用すること。結婚相談所が運営してるサイトなどでは、本人確認だけではなく独身証明書や収入証明書まで提出の所もあります。条件に拘るのであれば出来るだけ提出する証明書の多いサイトやアプリを利用すること

●本物である証明をださせる

初めて会う時に免許証などの身分確認を行い、医師と言っているなら医師免許のコピーなどを見せてもらう。更に海外の人ならば、イギリス人といっているなら目の前の景色を写真で送ってもらう「行ったことないからみたい」などと言えばよいでしょう。イギリス人やアメリカ人を装っているナイジェリア人なども多いので、送ってこなければ嘘だと思った方が良いです

●プロフィール写真などを画像検索する

グーグルの画像検索などを使って相手のプロフィール写真などを検索する。別人の写真を勝手に盗用している場合も多いので、別人のSNSやプロフィールなどで使用されていたら詐欺師に間違いないです

 

 

●自分は大丈夫と思わない

ロマンス詐欺(恋愛詐欺師)が狙うのは、結婚を望む独身女性は勿論ですが、交際した経験が少ない女性や、離婚を考えている主婦などがあります。寂しいから結婚を早くしたいと思っているとか、離婚したいけど一人で生活する不安(経済的)など、その様々な不安からの出会いを求めている隙をねらってくるのです。まずは、騙されるかもしれないという心構えで利用してください。

 

4,まとめ

婚活サイトや婚活アプリで出会いを求めることは決して悪い事ではありません。海外では夫婦の7割がこのようなサイトで出会って結婚しているらしいです。日本でも利用者が増えていますので、いい出会いもあると思います。

しかし、それと同時にそんな気持ちを悪用する詐欺師もいます。ロマンス詐欺(恋愛詐欺師)なんて綺麗な名前ですが、真剣に出会いを求め結婚したいと思っている人を騙してお金を振り込ませる卑劣な詐欺師です。集団で海外から行っている詐欺集団もあり用意周到なロマンス詐欺(恋愛詐欺師)もいますので、慎重に確認などを行って下さいね

 

防犯相談したい。防犯診断、防犯設計、商品の防犯プロデュース、鍵を交換したり、カメラを設置したいなど、何でもご相談くださいね。京師美佳へのご相談はこちら⇓⇓

 

お問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です