【三菱UFJ銀行】重要:必ずお読みください

三菱UFJニコス銀行ードの詐欺メールについてご紹介します!これまで沢山のフィッシング詐欺のメールをご紹介してきました。エポスカード、楽天、Amazon、ヤマト運輸などを騙った詐欺メール。

最近の詐欺メールは内容が良く出来ていて、これは詐欺メールなのだろうか?と、不安に思う人も多いと思います。そんな方がこちらをご覧頂き、詐欺メールだったんだと安心して頂く為に、新しい詐欺メールが届くたびに、ご紹介しています。今回は、件名が「【三菱UFJ銀行】重要:必ずお読みください」です。このメールは詐欺です!URLをクリックしたり、アクセスしない様にしてください!

この様なフィッシング詐欺で仕掛けられたものも中には不正出金やカードの不正利用などに繋がりますのでご注意ください!

 

 

 

 

目次

 

  1. 三菱UFJニコス銀行ードを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)例の紹介

  2. 三菱UFJニコス銀行ードを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)にアクセスするとどうなるのか?

  3. 三菱UFJニコス銀行ードを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)を見破るには?

  4. まとめ

 

 

1.三菱UFJニコス銀行ードを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)例の紹介

●【三菱UFJ銀行】重要:必ずお読みください

「三菱UFJニコス銀行ードWEBサービスご登録確認
いつも MUFGカードWEBサービスをご利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。」との文面から始まり、このあと、「つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。」と、書かれているURLをクリックさせる様に誘導の文面です!

勿論、事実を確認する事は大事ですので、まずは、自分で三菱UFJニコス銀行ードのHPを検索してアクセスし、マイページを確認してください。そうすれば、不正ログインなどの事実も確認できます。

送られてきたメールのスクショをご覧ください。この下の青色の「ご確認はこちら⇓」のURL部分を絶対にクリックしない事!

 

 

 

・写真内の実際に送られてきた内容 ⇓ ⇓

三菱UFJニコス銀行ードWEBサービスご登録確認
いつも MUFGカードWEBサービスをご利用いただき、ありがとうございます。
このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。
お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。

ご利用確認はこちら
https://www.cr.mffgg.jp.sswqp.com/

弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑制の観点からサイトとしての信頼性・正当性を高めるため、
大変お手数ではございますが、下記URLからログインいただき、

https://www.cr.mffgg.jp.sswqp.com/

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、
何とぞご理解賜りたくお願い申しあげます。
———————————————————————–
> ■
編集・発行:株式会社三菱UFJ銀行
>
東京都千代田区丸の内2-7-1
> [
登録金融機関]関東財務局長(登金)5
> [
加入協会]日本証券業協会
>
一般社団法人 金融先物取引業協会
>
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
>
> ■
ご登録にお心あたりのない場合や電子署名についてのお問い合わせ
> <
インターネットバンキングヘルプデスク>
> 0120-543-555(
または042-311-7000(通話料有料))
>
受付時間/毎日 9:0021:00
>
> ■
配信停止・Eメールアドレス変更はこちらからお手続きください。
> http://www.cr-mufg-jp.pro/selected/id
>
> ■
個人情報保護方針について
>
三菱UFJ銀行では、お客さまの個人情報を適切に保護するため、その取り扱いにつきましては細心の注意を払っています。
> https://www.cr.mffgg.jp.sswqp.com/
>
> ■
本メールの送信アドレスは送信専用となっております。返信メールでのお問い合わせは承りかねますので、あらかじめご了承願います。(23671)
>
> ――Copyright(C) MUFG Bank,Ltd.All rights reserved.――


 

2、三菱UFJニコス銀行ードを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)にアクセスするとどうなるのか?

 

ウイルスメールや迷惑メール(フィッシング詐欺)ですので、先ほども少し書きましたが、インターネットの使用者からユーザから個人情報(例:ユーザ名、パスワード、クレジットカード情報、住所、氏名、電話番号)を奪うために行われる詐欺行為です。エポスカードなど信頼されている企業になりすましたEメールによって偽のWebサーバに誘導することによって行われています。

実際、今回の本人確認を促されて移動の場所をクリックすると、別の詐欺サイトに誘導され、ウイルス感染などの恐れがある状況になっていました。また、アカウントにアクセスしたつもりが、単に情報を吸い取られているだけかもしれません

 

3、三菱UFJニコス銀行ードを騙る迷惑メール(フィッシング詐欺)を見破るには?

 

●自分で検索したHPアドレスにアクセスしてマイページを確認する

今回は、「三菱UFJニコス銀行ードWEBサービスご登録確認いつも MUFGカードWEBサービスをご利用いただき、ありがとうございます。」から始まって、「このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。」などと煽って、URLでの確認を早急に行うように促しています。

このように脅し煽るのはフィッシング詐欺の手口です。絶対にアクセスしないでください。先ずは、自分でHPアドレスを検索してアクセスすること。それだけで偽メールの確認はとれます。

 

●転送動作をしてみる

送られてきたメールを転送動作をしてみると、下記のように、三菱UFJニコス銀行ードとは関係のないアドレスが出てきます。この転送する動作はどんなメールでも行えて、簡単に偽物を見破れるので必ず行って下さい

 

From: MUFGカード [mailto:zdrxeljvs@mufgcard.com]
Sent: Monday, December 7, 2020 5:24 AM
To: info@kyoshimika.com
Subject: 【三菱UFJ銀行】重要:必ずお読みください

 

 

 

●または、先日更新した【ゆうちょ銀行】 <informatnton@jp-bank.japanpost.jp><口座設定時に、ご本人様確認のため></informatnton@jp-bank.japanpost.jp>を見分ける為にはどうすれば良いのか?に書かれている方法を、ご覧いただければ、会社名が変わっているだけで、見分けるコツは同じです!

【ゆうちょ銀行】 ゆうちょ銀行を騙るフィッシング詐欺メール

 

この転送動作を試すというのは、どんな企業名でも内容でも見破るコツとして使えます。是非、怪しいと思うメールはこの転送前動作で見破ってくださいね

 

4、まとめ

 

今回の三菱UFJニコス銀行ードの偽メール(フィッシング詐欺メール)はうちには初めてきました。こうして新しく会社をなりすまし続け送られてくると思います。他にもエポスカードや三井住友カードなどもありますが、最近はカード会社を騙る物が増えていると思います。!

一見すると見分けの付かない内容のものもあり、見慣れない方は特に騙されやすいと思います。見分けるコツはいくつかありますが、是非、自分が出来ることをまずやってください!

絶対にやってはいけないことは、書かれているURLなどをクリックすることです!

 

防犯相談したい。防犯診断、防犯設計、商品の防犯プロデュース、鍵を交換したり、カメラを設置したいなど、何でもご相談くださいね。京師美佳へのご相談はこちら⇓⇓

 

お問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です