大家さん必見!犯罪者に狙われないマンションづくり!

昔はお金持ちのみがマンション経営をされているイメージがありましたが、今はサラリーマンの方も副業でマンション経営を行う時代。経営面では、色々大変な事もあると思いますが、その一つで空室率があると思います。常にマンションを満室にしておきたいといいうのが希望だと思います。

しかし、もし経営されているマンションで事件など発生すれば、たちまち入居者は退去し、その後も入りずらい状況が続くこともあります。マンションの防犯対策状況は、空室率にも関わりますので、今回は犯罪者に狙われにくいマンションづくりという所にスポットをあててご紹介したいと思います!

 

 

 

目次

 

  1. なぜ?マンションは犯罪者に狙われるのか?

  2. 犯罪者に狙われやすいマンションとは?

  3. 犯罪者に狙われにくいマンションにするには?

  4. まとめ

 

 

1、なぜ?マンションは犯罪者に狙われるのか?

 

沢山の方が一緒に一つの建物で住んで居るマンションでは、戸建てにはない危険があります。

建物にもプライバシーを守る為の死角があり、その死角を使って犯罪者が隠れたり、子供がイタズラされらりなどされます。また、誰か一人が被害に遭うと、ベランダの避難膜を使って横繋がりで数多くの部屋が一度に泥棒被害に遭う事もあります。

つまり、犯罪者からすると、隠れる場所もあり一度の犯行で、何軒もの家に侵入して金品を盗む事が出来るので、美味しい物件とも言えます。

それだけに、マンションでは戸建て以上に防犯対策を施さなければ狙われやすいという事になります。

 

2、犯罪者に狙われやすいマンションとは?

 

泥棒は、捕まりたくないと一番に考えていますので、アタリ(下見)はしっかり行っています。その際に、必ず見る場所がありますので、いくつか列記してみたいと思います

 

●ゴミ置き場のゴミの日が守られていない

ゴミの日が守られていないのは、ルーズな住民が多く、管理も行き届いていないということになります。大家さんや管理員さんが常駐していれば、管理もしっかりされているはずと思われますので、ゴミ置き場のゴミの日が守られていないでいつもゴミが置かれていたり、ゴミが散乱していて汚れている様な場合は要注意です。

●落書きがされているのに消していない

消してもどうせまた書かれるなどと考えて放置していれば、犯罪者に狙われるマンションになります。割れ窓理論で落書きを放置するようなマンションは、窓ガラス割っても良いだろう、自転車盗んでも良いだろうなどあらゆる犯罪を招く様になりますので、犯罪は許さないという姿勢を見せる意味で落書きなどあれば直ぐに消してください

●ポストにチラシが散乱している

ゴミ置き場と同じで管理されていないマンションの特徴として、ポストにチラシなどが突っ込まれていてそのはみ出したり捨てられたチラスが足元に散乱している様なマンションは管理されていない戸締りも緩いだろうなどと思われて狙われやすくなりますので、常に綺麗に掃除しておく必要があります。

●全面道路に違法駐車が多い

違法駐車は、法律違反です。その法律違反である違法駐車が多いと、犯罪に対して意識の薄い、防犯意識の無い人達が住んで居るマンションなので、自分たち犯罪者がウロウロしていても問題ない。通報されないなどの安心感を与えて狙われやすくなります。細かいことですが、違法駐車は一台でも対処してください

●防犯カメラやセンサーライトなどがない

マンションで防犯カメラの無いマンションは、今時済まない方が良いと私も聞かれた時にはこたえるくらいあって当たり前の物です。万が一事件が起こった時に証拠も残せないなんてマンションに誰も住みたくないと思いますので入居利率にも関わります。まだ付いていないというマンションは今すぐにでも設置して頂きたいです

●鍵が一つしかない

ワンドアツーロックは基本です!泥棒は侵入するのに5分かかれば諦めるというのが警察庁のデータであります。その為鍵を多く設置するのは防犯対策に有効なのですが、いまだに鍵が一つしかないマンションもみかけます。狙われない為にはワンドアツーロックは基本です。

 

警察庁住まいる110番

 

●インターホンがカメラ付きではない

泥棒の半数は、在宅確認をインターホンで行います。その際に、カメラが設置していると最新の物は録画機能などもあり姿を残したくないという意識から避けます。逆にボタンしかないベルのインターホンを使用している方が、対面でしか来訪者を確認出来ない為、強盗などにも狙われやすくなりますので、インターホンはカメラ付きにしてください

 

警視庁住まいる110番より

 

3、犯罪者に狙われにくいマンションにするには?

 

犯罪者に狙われやすい項目に当てはまる事がれば、出来るだけ解決していただくことで、犯罪者に狙われにくいマンションになります。マンションの場合、最初にもお伝えした様に沢山の方が一緒に一つの建物に住んで居る事が犯罪者に狙われやすい理由の一つになっています。その問題を解決するには、その建物は、防犯意識が高く対策もされていて、管理の行き届いているマンションだと見せつけることです

 

4、まとめ

 

大家さんなどマンション経営では、防犯対策も重要です。万が一、経営するマンションで殺人事件や窃盗事件、強姦事件など発生すれば事故物件になったり入居者を確保するのが難しくなります。その様な状態にならない為にも、問題が発生する前からしっかりと防犯対策を行い、健全なマンション経営を行ってくださいね

 

防犯相談したい。防犯診断、防犯設計、商品の防犯プロデュース、鍵を交換したり、カメラを設置したいなど、何でもご相談くださいね。京師美佳へのご相談はこちら⇓⇓

 

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です