防犯チェック(マンション共有部分編)

防犯チェック(マンション建物内部編)

該当する項目が多いほど対策が必要です!

  幾つチェックが付くか数えてみてくださいね!この他にもマンションの外周編や戸建て編もありますので、戸建てにお住いの方も戸建編でチェックしてみてください。マンションでもチェック数が多いと改善する必要があります。大型修繕前などに、是非、やってみてください!

 

 

 

【住宅の玄関・インターホン】

  • ピッキングやバンピングなどに弱い錠前で、補助錠もない。
  • サムターンが針金などですぐ回る。
  • ガードプレートなどがなく、外からドアのデッドボルト(かんぬき)が見えている。
  • ドアの材質がアルミなどで柔らかく薄く、貧弱なものである。
  • ドアスコープやドアチェーンがない。
  • カメラ付きインターホン等がない。
  • インターホンに管理人室と連絡が取れる機能がない。

 

【住戸の扉】

  • 単板ガラスや網入りガラスが入っている
  • ロック付きクレセントではない。
  • 補助錠の設備がない。
  • ドアの材質がアルミなどで柔らかく薄く、貧弱なものである。
  • 面格子を取り付けているが、貧弱なものである。
  • 貧弱な窓枠(サッシ)である。

 

【バルコニー】

  • バルコニーの近くに雨樋や階段の手摺り等がある。
  • 腰高な素材のバルコニーで外から見通せない構造。

 

【管理人室】

  • 玄関からの出入りする人を確認できない位置にある。
  • 共用メールコーナーやエレベーターホールを見通すことができない。
  • 管理室の出入口が施錠されていない。
  • マスターキーや合い鍵の保管場所が外から見える。
  • 管理人室には人がいない

 

【防犯カメラ】

  • 防犯カメラにハードディスクやSDカードなど録画装置がない。
  • 設置位置、角度が悪く、映らない死角の場所がある。
  • 設置台数が少なく、カメラで撮影出来ていない部分がある。
  • 赤外線仕様ではなく夜間に再生しても人物等を確認できない。
  • カメラ自体の画素数などの性能が悪く、再生しても人物等を確認できない。

 

 

【共用出入口】

  • 出入口が周囲から見えない。
  • 正面出入り口がオートロックではない
  • 出入口が施錠されておらず、外からから誰でも自由に出入りできる。
  • インターホン等の設備がなく訪問者の確認ができない。
  • 出入口内外の照明が暗い。

 

 

【エレベーターホール】

  • エレベーターホールが周囲から見えない。
  • 照明が暗い。
  • エレベーターホールにエレベーター内が見えるモニターが無い

 

【エレベーター】

  • エレベーターのかご内に防犯カメラがない。
  • 非常時の外部への連絡方法がない。
  • 非常用押しボタンがあるが、高い位置に設置され、子どもには届かない。
  • 扉が閉まるとビジョンガラスがなく完全に密室状態になる。
  • エレベーターのかご内の照明が暗い。

 

 

【共用メールコーナー・郵便受箱】

  • 共用メールコーナーが周囲から見えない。
  • 照明が暗い。
  • 郵便受箱に施錠設備がない。

 

【共用廊下・共用階段】

  • 周囲からの見通しが悪く、死角となる箇所がある。
  • 各住戸バルコニー等への侵入経路となる。
  • 共用階段の扉が閉められており、共用廊下から階段室内部が見えない。
  • 共用廊下・共用階段の照明が暗い。

 

以上です。  

 

まとめ

いくつ項目に当てはまりましたか? 他にもチェックしなければならない事は沢山ありますが、マンションの共用部ではこれくらいはチェックしてみて頂きたいと思う項目を出しています。 マンションには、沢山の人が一緒にお住いになっているからこその危険があります。戸建ての様に自分でしっかり守れば大丈夫ということはありません。お隣の人が泥棒被害に遭えば、ベランダの避難経路などを使って自分の部屋に侵入されるかもしれません。 そうならない為には、自室の防犯対策をしっかりと行って頂きたいと思います。マンションだからこそ必要な防犯対策を是非、大規模修繕などの時に、行って頂きたいと思います。  

防犯相談したい。防犯診断、防犯設計、商品の防犯プロデュース、鍵を交換したり、カメラを設置したいなど、何でもご相談くださいね。京師美佳へのご相談はこちら⇓⇓  

お問い合わせ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です