一人暮らしの女性が気を付けたいこと(外出編)

女性の一人暮らしは、ストーカーや泥棒、強盗まで 幅広い犯罪者から狙われやすいものです。 外出先と、自宅での気を付ける事をわけて、 一人暮らしの女性が気を付けたい事としてご紹介します 今回は、外出編をお届けします。次回はお部屋編です

幅広い犯罪者から狙われやすいものです

外出先と、自宅での気を付ける事をわけて、

一人暮らしの女性が気を付けたい事としてご紹介します

今回は、外出編をお届けします。次回はお部屋編です

 

 

目次

 

  1. 外出先で、一人暮らしの女性が気を付けたいことは?

  2. 一人暮らしの女性が、狙われない為の対策とは?

  3. まとめ

 

先にも述べました様に一人暮らしの女性は、

ストーカーや泥棒、強盗まで

幅広い犯罪者から狙われやすいものです。

それは、好みの女性を狙った犯罪者がいたり、

力が弱く一人だと抵抗されずに楽に犯行を行えると思われているからです。

 

1、外出先で、一人暮らしの女性が気を付けたいことは?

 

■たまには別の道路も通り、行動をパターン化しない。

真面目な女性ほど犯罪者に狙われやすい話は、ストーカー対策の時にもお話しましたが、毎日決まった行動をする生真面目な方は、待ち伏せなどもされやすく危険です。

行動をパターン化しない事が大切で、買い物をしたり美容院にいったり、友達と食事に行ったりするなどして人生を楽しみ、帰宅時間をバラバラにして待ち伏せされない様にしてください。

 

■誰かに尾行されてる?そんな時は、真っ直ぐ帰らない

ストーカーなどは、だいたい駅からや、駅の近くのコンビニなどで獲物を物色して付け狙います。駅からの帰り道などで、何か付けられてる?と不安に思った時には無理をして帰らず、明るいお店などに避難して、気配を感じられない様にしてから帰宅する方が良いです。

走って帰宅したりすると、家の犯人が知らない場合は、知らせることになります。そこで、一人とわかっても更なる危険に繋がります。

 

■買い物時、「箸はいりません!」と言う。買い物の中身を見られない様にエコバックも使用する

帰り道で晩御飯を買って帰る時には、お弁当とサラダ1個ずつなどでは、買い物の中身を見てひとりだと思われて付け狙われる可能性も出てきます。雑誌の付録のエコバックを使用したりして、買い物の中身を見られない様にしてください。

更に、必要な箸の本数を聞かれて1本と答えるのも一人と知らせる様なものです。「いりません」と伝えて家のマイ箸を使って下さい。エコにもなります。

 

■携帯電話で110番や家族の番号を表示して歩く。

玄関先が一番危険と昔から良く言います。自宅前で気が緩んで注意力散漫になり隠れている人間に気が付くことが出来ないなど起こる為です。

鍵を開ける時に見ないでも取れる状態にしておき(鍵をバックのポケットにいれておくなど)周りを見る余裕を作ってください。

 

■家に入る前に、玄関の乱れがないか先にチェック。

泥棒が盗るものが無かった時に中で待ち伏せして、居直り強盗になることもあります。また、女性を狙ったわいせつ犯が留守中に待ち伏せして潜んでいるかもしれません。

出掛ける時と何か違う事がないか?確かめてから入室するようにしてください。

 

■スタンガンなど近づかないと使えない武器は使わない

護身グッズは幅広く販売されていますが、スタンガンなどは女性にはオススメできません。

なぜならスタンガンは、ある程度近づかないと使えない武器であり、男性とでは手の長さが違うので女性は不利です。奪われて逆に武器にされる事もありますので、催涙スプレーなど距離をとって使用出来る防犯グッズをお使いください。

 

■表札は、フルネームで一人分を書かない

表札にフルネームで一人だけでは、一人暮らしをアピールすることになります。住んで居ない家族や男友達の名前をかくなどして一人と思われない様にしてください。

 

2、狙われない為の対策とは?

 

■駅から自宅まで帰る道は、遠回りでも広く明るい道を通る。

付け狙われやすいのは暗く人通りの少ない道路です。少し遠回りになっても広く明るく人通りの多い道を選んで帰ってください。

 

■買い物様に折りたたみのエコバックなどを持ち歩く

買い物の中身で一人暮らしがばれない様に、買ったものはエコバックで見えない様にしてください。コンビニなどのビニール袋では、中身が丸見えです

 

 

■家の中にスマホで見れるカメラを入れる

待ち伏せされていないか?帰りに外から確認出来る様に、スマホで室内に設置した防犯カメラの映像が確認出来る様に、ネットワークカメラを設置する。

 

■家の前で鍵を探さないですむようにバックで入れておくポケットなどを決めておく

自宅玄関前でガサガサ探していると、注意力散漫になり隠れて居た犯人に羽交い絞めにされて部屋に連れ込まれたりします。見なくても鍵は取り出せるようにしておいてください。

 

■自宅に入る前に周りを確認して玄関ドアは一人分だけ開ける

鍵をあけて玄関ドアを開ける前に、自宅周りに人が隠れていないか確認してから玄関ドアをあける。

開ける際には、全開にせず、一人分だけ開けてスッと入る。全開にすると、ドアが死角になり襲われやすくなります。

 

■、表札に家族の名前を入れたり一人暮らしとわかる様な物を家の周りに置かない

表札だけではなく、牛乳など配達物なども一人分しか届いていないと一人とわかってしまいますのでご注意ください

 

3、まとめ

 

他にも色々注意点はありますが、まずは、以上の様な事は、最低限やっていただきたいと思います。とにかく、一人暮らしと悟られない様にすること、また、外を歩いている時には、待ち伏せされにくくする為に、行動をパターン化しない事。

遅くなる時は、滅多にないなら駅から自宅までタクシーで帰る様にしてください。少し注意するだけで付け狙われたり待ち伏せたりされずに守れる安全あります。

狙われても100%犯罪者が悪いのですが、嫌な思いを自分がしないように、可能な限り注意してくださいね

 

防犯相談したい。防犯診断、防犯設計、商品の防犯プロデュース、鍵を交換したり、カメラを設置したいなど、何でもご相談くださいね。京師美佳へのご相談はこちら⇓⇓

お問い合わせ

写真AC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です