引っ越しシーズン!安全・安心なお家選びのポイント!

春と秋は、引越しシーズンですよね!

転勤や就職、入学などで新しいお家を探すことになると思います。

そんな時に、出来るだけ安全なお家を探したくないですか?

今回は、2020年時点での防犯上安心できる家探しのポイントをお話します

目次

 

  1. こんな家は選んだらダメ

  2. 安心できる家探しのポイントは?

  3. まとめ

 

1、こんな場所の家は選んだらダメ

 

私も結構な数、引越しをしてきました。

引っ越しとは面倒で、嫌ですよね。荷物の片付けや荷造りもそうですが、何より家探しが面倒です。沢山の物件資料をみて、その中から自分の気にいった物件を数件選び内見

一日に、5軒見に行くとか当たり前ですしね。早く決めたければ数多くみて、 気にいる物件を探すことに限ります。

しかし、そんな時に気を付けて頂きたいのは、安全な物件であるかどうか?

特に女性の一人暮らしをされる方は、セキュリティ面もちゃんと考えないと、 泥棒だけではなくて、強盗、強姦などの被害にも遭いやすくなります。

まずは、【こんなお家(マンション・戸建て)を選ぶと危険 例】をお伝えします!

●駅が近い、公園が近い、コンビニが近いなど便利は家

便利な物件は、年齢層、性別問わず人気ですよね。私もできれば駅から5分以内の物件とお願いしていつも探してもらっています。通勤などで毎日移動する方には重要なポイントだと思います。

しかし、便利な物件は、犯罪者にとっても便利なんです。すぐに逃げれる、人ごみに紛れ混める、下見をしていても怪しまれないなど。。。

便利な物件を選ぶ事は問題ありませんが、便利な環境を選んだ際には安全面は低下していると思って、必ず防犯対策してくださいね。

●周りが、駐車場や田んぼの家

周りが人の居ない駐車場や田んぼに面していると、そこから泥棒に侵入される可能性が高くなります。

●暗くて人通りの無い道に面している家

特に女性は帰り道に痴漢や強盗被害に遭わないように気を付ける必要があります。

●防犯カメラやセンサーライトが1階に無いマンション

マンションで、今時防犯カメラやセンサーライトの無い物件は、防犯上やめた方がいいです。この様な当たり前の事が出来ていないオーナーのマンションでは、鍵なども対策していない事が多いのです。

また、物件の敷地内が暗いのに、センサーライトが付いていないのは、犯罪者が隠れる絶好の場所になりますので危険です。これは、絶対に必要な物です。その当たり前の物が無い物件はやめた方が良いです。

●防犯カメラがエレベーターについていない

エレベーターで多くの犯罪が発生し、強姦強盗と凶悪な事件ばかりです。防犯カメラをエレベーターの中に設置するのは、今は常識のようになっていますので、無い時点で選択肢から外した方が良いです。

●オートロックじゃないマンション

平屋のアパートとかでなく、普通にある程度の個数のあるマンションであれば、オートロックは必要です。不特定多数の人間が出入りするのがマンションですので、部外者かどうかの区別はオートロックくらいでしか確認できません。

 

オートロックのマンションは個別の鍵を閉め忘れする人も多いので、オートロック狙いの泥棒なども多いのでオートロックがついているから安全安心などではありませんが、付いていないより付いている方が良い!

●インターホンが無い、もしくはカメラ付きでは無いお家

防犯カメラと同じで、インターホンがついていないのは、絶対にダメです。また、カメラ付きのインターホンの物件を選んでください。泥棒などの半数は、在宅確認をインターホンで行います。

その際に。カメラ付きのものであれば、最近の物は前に立つだけで撮影する録画機能がついているので、顔の映像を残したくないという理由から諦めます。

●ポストの周りにチラシが散乱していたり清掃の行き届いていないマンション

泥棒などが下見をした際に、チラシが散らばっているか?なども確認しています。散らかっている物件は、大家さんなどがいない物件で、侵入しやすいと思われますので、避ける方が良いです。

 

他にも色々ありますが、上記は防犯対策上、絶対にやめた方が良いです。 そして、ここかたは、安心できる家探しのお話もしたいと思います。

 

2、安心できる家探しのポイントは?

 

高いお金を出して購入したり、借りたりすれば、防犯対策のしっかりされている安全なマンションや戸建てに住む事も可能ですが、多くの人は奥ションなどのセキュリティ万全の住まいを選ぶのは難しいので、可能な限りこういう所であった方が良いという条件面を、お伝えしたいと思います。泥棒に狙われない家を選びたいですね。

 

●コンシェルジュや大家さんが常駐している

人件費が一番コストとしては高いので、コンシェルジュさんの居る物件は、恐らく高級分譲や賃貸ですよね。コンシェルジュさんの受付を通さないと部外者が入れない環境は、泥棒やその他犯罪者も近づけませんので、とても効果の高い防犯対策です。

大家さんや管理人さんが昼間のうちだけでも在中してくれるのであれば、それでも十分防犯効果は高くなります。

 

●防犯カメラやセンサーライトが設置されている

無いと絶対ダメ!というお話を先ほどしましたが、防犯カメラやセンサーライトは、泥棒など犯罪者を近づけない対策でもありますし、万が一事件などの被害に遭った際に、証拠も残っていないマンションなど安心して生活出来ませんので、せめて1階部分やエレベーター、駐車場には設置されている物件を選んでください

 

 

●エレベーターの中に防犯カメラが設置されていて中の映像をエントランスでみれる状態になっている

エレベーターの中で起こる事件、強盗強姦は、密室だから起こります。モニターで誰でもが箱内の映像を確認出来る状態では、この様な犯罪は起きにくくなります。

無い物件は、女性はやめた方が良いですし、逆にある物件は、モニターというのは、防犯カメラ工事の際にオプションで追加する商品なので追加で購入してもエントランスにモニターを設置するオーナーさんは、防犯意識の高い人ですので、ある程度鍵なども防犯対策をしっかりされていると予測されるのでこの様な物件を選ぶと良いです。

 

 

●オートロックになっている

オートロック狙いの泥棒もいるので、付いているから絶対大丈夫などではありませんが、むやみに不審者を敷地内に入れないで済むという点では、とても必要な物です。

 

●玄関鍵が電子錠になっている

最近はアパートでも電子錠を使用している物件もあります。安い番号を押すだけやカードをかざすだけの物であれば、工事費込みで3万円程で購入できるので、物件の売りにもなり付けられている所も増えてきました

 

他にも色々ありますが、まずは、上記だけでも出来るだけ該当する物件を選んで頂く方がよいです。そして、女性の場合は、ベランダから簡単に侵入できる所では、在宅中に侵入してくる強姦犯もいますので、1階2階は避けてください。

 

 

3、まとめ

どんな物件でも、良し悪しはあります。しかし、少しでも安心できる物件に住みたいと思えば、ここだけは避けた方が良いという物件はあります。

そして、ここであればまず合格点の様な物件も。ご自分の好みがあると思います。環境や間取り、料金など。その様々な条件の中から選んだいくつかの物件で、出来るだけこの条件に当てはまる物件を選択してくださいね。

プロに物件を探して欲しいという方は、皆さんが選んだ物件の中から出来るだけ安全安心なお家を選ぶサービス(安全安心コンシェルジュサービス)もお混っていますので、ご相談くださいね。

 

 

物件選びのご依頼はこちら⇓

住まいの安全安心コンシェルジュ

 

お問い合わせはこちら⇓ 防犯相談したい。防犯診断、防犯設計、商品の防犯プロデュース、鍵を交換したり、カメラを設置したいなど、何でもご相談くださいね。京師美佳へのご相談はこちら⇓⇓お問い合わせはこちら⇓

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です